カードローン

消費者金融の審査が通らない理由とは

急遽お金が必要となった際に、利用しようと考えるのが消費者金融という人も多いのではないでしょうか。

一昔前とは違い、消費者金融業者に対するイメージも割とよくなっており、身近で気軽にお金を借りることができる存在となったことは確かです。

銀行などとは違い審査が比較的甘く、審査から結果、そして融資までのスピードが速いというのも選ばれている理由であり良い点です。

しかし、審査が甘い消費者金融業者にもかかわらず、通らないという人もいます。もちろん業者によって基準には違いがあり、他で落ちたからといって、どこの業者でも通らないというわけではありません。

ですが、最低限の条件を満たしていないとなれば、通らないこともあります。まず第一に頭に置いておかなくてはならないのが、安定した収入があるのかという点ではないでしょうか。

アルバイトやパートでもお金を借りることができる業者もかなり多いですが、だからと言ってどんな人でも良いというわけではありません。

業者にとってお金を貸すということはリスクも伴うことであり、しっかりと返済をしてもらうことができるという、信用できる人にしか貸さないのは当然のことではないでしょうか。

そのためには、収入が安定しているかどうかはかなり重要なポイントとなります。

ある程度の勤続年数や、過去の数ヶ月の収入証明などが必要となるのは、アルバイトやパートでも当然のことと言えます。

少なくとも半年以上の勤続年数が必要と考えておくべきです。半年以上ならば、前向きに考慮してくれる可能性が高まります。

自宅は、賃貸よりも持ち家の方が良いといえます。自宅があれば、何か問題を起こした場合でも簡単には連絡がとれなくなるような状況にならないので、アルバイトやパートでも自宅か賃貸かを聞かれることが多いです。

借入状況や過去の返済の状況について

収入が安定していて、ある程度の金額を稼いでいるという人でも、落ちてしまうこともあります。その理由としてまず頭に置いておかなくてはならないのが、現在の借り入れ状況です。

収入が多くても、借入と多いとなれば、返済が困難と判断されることになってしまいます。

アイコン名を入力

信用情報機関から過去のクレジットカードの利用歴はもちろんのこと、他社からの借り入れ状況などは調べられればバレてしまうことなので、嘘をついたり隠したりしないようにしましょう。

嘘をついたり隠してしまうと、そのことが理由となり融資してもらえないことにつながります。すでに他社からの借り入れが複数ある場合は、審査に通ることは難しいと考えておくべきです。

一、二社からの借り入れであり、それほど金額が大きくない場合には問題はないこともありますが、その際にも収入と返済が重要となってくることを頭に置いておかなくてはなりません。

他社に借り入れがあり、申し込んだ時点で返済が遅れているとなれば、クリアはかなり困難なので申し込むべきではありません。

現時点では借りていないという場合でも、過去に返済を延滞した記録があるとなれば大きな減点の対象となってしまいます。一ヶ月以上の滞納歴がある場合は、かなり大きなマイナスになってしまうということを頭に置いておく必要があります。

返済できないという場合だけではなく、返済日を忘れていて過ぎてしまうという場合でも、滞納に違いはないのでマイナス要因に変わりはありません。

金額や申し込んでいる数にも気をつける

収入が安定していて、特に問題はないという人でも、借りたいという金額が大きいことで落とされる理由となってしまっているケースもあります。

初めてお金を借りる先となれば、貸す側も本当に返済が可能なのかを見極めることが難しくなるので、あまり大きな金額となれば落とされてしまう理由になります。

万が一に備えた金額を高めに設定して申し込んで奥という人もいますが、通らない場合には金額の設定が高すぎる可能性があるので、少し下げて申し込んでみるようにしましょう。

金額の引き上げは、後々可能となるケースが大半です。総量規制により、年収の三分の一を超える借入はできないと決まっています。

それ以下の金額でもすでに他社から融資を受けていて、今回の借入の申込みと合わせた金額が総量規制に引っかかってしまう場合には通ることはありません。

それだけではなく、複数の業者に短期間にいくつもの申し込みをしている場合にも落ちる可能性が高いです。消費者金融で借入の申し込みをすると、会社側は借入希望者の信用情報を信用情報機関にチェックをします。

CICKSCJICC

この記録は半年程度、信用情報機関に保存されてから、その後削除されますが、保存期間内に消費者金融などに借入の申込みをすると、他社から借入した情報が知られてしまいます。

同じ月に何度も借入の申し込みをしていると、他社で借入申し込みを断られたというイメージを持たれてしまいマイナスの要因になります。複数に申し込むとそのせいで審査に通らなくなるので気をつけましょう。